MENU

契約機を使うメリットとデメリット

アコムを含む大手の消費者金融は、必ずと言っていいほど契約機を各地に設置しています。呼び名は自動契約機やローン申込機など様々ですが、基本的な内容としては同じものとなります。

 

申し込みから契約まで機械上の操作で行え、担当者と対面せずにカードの発行まで進められます。土日でも契約機は稼動をしている場合は多いため、銀行振り込みでは対応ができない時間や曜日であっても、その日の打ちの借り入れのための手続きが行えるのが特徴です。

 

最も早い借り方として契約機の利用が推奨される場合もあり、その際にはまずは予めネットで申し込みを進めておくと良いです。ネットでの申し込みと審査完了後に近くの契約機まで行けば、審査回答の待ち時間無くカードの発行まで行えます。

 

契約機でも申し込みは行えるのですが、その場で審査の結果が出るのを待たなければならないため、どうしても待ち時間が無駄になってしまいます。無駄なくとにかく早くに借りたいならネットで申し込みを行った後の契約機の利用となるのです。

 

素早く便利な契約機ですが、利用においてのデメリットが無いわけではありません。一つは契約機のある場所まで足を運ばなければならない点で、近くに契約機が設置されていないと手間となります。

 

また、契約機は基本的に一箇所につき一台となっているので、他の人が契約中の場合には待たなければなりません。郊外の契約機であればそうそう起こり得ることではありませんが、繁華街などの人通りが多い場所に設置されている契約機の場合には可能性として頭に入れておくと良いです。

 

メリットもデメリットもある消費者金融の自動契約機ですが、早くに借りたいとする希望が第一であれば便利な存在となります。時間や曜日の制限が厳しい銀行振り込み融資よりも契約機でのカード受け取りの方が当日中の融資の可能性は高いので、急ぎで借りたい方はネット申し込み後の契約機の利用を考えてみましょう。